FC2ブログ

Rosebud

2016.06.30.Thu.02:09

れ出てくるMさんの欲情液を啜りながら、ゆりなの彼氏は手を伸ばしてケータイを取った。さっきゆりなと会話してから、テーブルの上に放置されたままだった。それを手にして、自分がクンニしている姿を撮影しようとする。もちろん、それをゆりなに送信して、彼女の興奮を誘うためだった。手を差し伸べて自分の後頭部の辺りからカメラが二人を見下ろすように構えてボタンを何度か押す。

だが、なかなか上手くいかないようで、手の角度を変え、顔の向きをずらしても、なかなか思うような画が撮れないようだった。そういう経験はMさんにも多々あったのだが、だいたいその間、愛撫はなおざりになってしまう。それはせっかく盛り上がったMさんの欲情をそいでしまうことになり、何とも惜しく思われたのだ。Mさんも微妙に身体の角度を変えて協力するが、なかなか首尾良く終わらなかった。

ならば、とMさんは一度中断することを選んだ。そして、どうせゆりなに見せるんでしょ?と彼氏に問うと、アレを使いましょう、とソファの袂に立てかけてあったノートパソコンを指さした。彼氏がまだ良く飲み込めない内から、Mさんは身体をずらして背伸びすると、そのノートパソコンを手に取った。そしてテーブルの上でラップトップを開いて、使い慣れた手つきで電源を入れた。

電源を入れている間、Mさんは自然と四つん這いの格好になっていた。その様子を唖然と見つめる彼氏の手を取ると、続きを強請るようにソファに導き、自分の下腹部に追いやった。訝しげなまなざしのまま、彼氏は目の前のオマンコに再び口を付けた。起動音が鳴り、画面が浮き上がる。Mさんはパッドを指でなぞって、ソフトを立ち上げた。暫くすると、画面に自分たちが映るのを見て、やっと彼氏はMさんの意図を理解した。




桜庭ななみ AC/DC クーラー K-Garage テレキャスター 加山雄三 村上加奈子 安田顕 藤谷佳奈枝 中川梨絵 ガーをください 大川菜々子 林永子 藤本秀子 世界の肉便器 桑島京子







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する