FC2ブログ

Play with Me

2016.06.25.Sat.02:22

使いのペースが上がってくると、ゆりなの彼氏はやたらと喋り始めた。それが射精を押しとどめるために気を散らそうとしていることは、Mさんにはすぐに分かった。彼氏とMさんでは一回り年齢が違う。ゆりなもそうだが、その世代の違いを飛び越えて慕われるのは、悪い感覚ではない。あまりないことだが、Mさんは思わず手玉に取るように彼氏の勃起を煽ってしまった。

昨日の晩は感じまくっていたとか、俺のオチンチンでいつもゆりなはイキまくっているとか、多少下品に思える言葉でも、言ってしまわないと不意に射精を押しとどめられなくなってしまうのだろう。Mさんはその言葉をいちいち聞きながら、よりいっそう勃起の快感ポイントを攻めていった。こういう時は、幾らか下劣な物言いの方が被虐感が高まって好いような気がする。

亀頭の出張った辺りを素早く舌でグルリと舐め回すと、あからさまに彼氏が息を詰まらせた。その当たりが我慢の限界か、先端からどろりと我慢汁が漏れる。それを一連の舌の動きでかすめ取りながら、その口を突っついて見せた。我慢汁は、驚くほど濃く、強烈な匂いを放っていた。昨夜と言っても朝方まで交わっていたから、まだ半日と経っていないのに、彼氏は欲望を充満させていた。

あんなにいっぱい出したのに、とMさんは勃起から口を離し、代わりに棹を扱きながら彼氏を見上げた。大丈夫ですよ、と紅潮した声で彼氏は応えた。連チャンは普通ですから、と続けて、誇らしげに笑って見せた。確かに、ゆりなが一日中セックスをしていた、というようなことを言っていたのを思い出した。Mさんにも大学時代に同じような経験があるが、その時は複数の男達が相手だったことを思い出して苦笑した。




君に平成の太宰治の称号をあたへやう 長澤まさみの裏ビデオ 西瀬と村上加奈子 武田早絵 井上あずみ 立住若菜 リード希亜奈 杉ノ内由紀 堀川良子 梅木佳子







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する