FC2ブログ

My Thing

2016.06.01.Wed.01:06

韻がほどよく漂っている最中も、彼氏はゆりなの中に留まり続け、再起を伺っていた。だが、ゆりなの方はひたすら絶頂の波の中に身を任せて、心地よさそうに笑顔まで浮かべた。それはMさんと二人でいじくり合っている時とは比べものにならないほど、喜悦におびただしく塗れていた。やっと顔を上げた時に、ゆりなはMさんを見つめて、先輩が挿入してイカされたみたいです、と云ってクスリと笑った。

その時、Mさんはふたりが戯れに互いの妃部をまさぐっていた時の会話を思い出した。指や、バイブでは完全な満足は得られず、やっぱり生の肉棒が恋しくなる、というようなことをゆりなが云っていたのだ。それに同意を求められ、Mさんは素直に頷いたのだ。Mさん自身、同性との交わりにはまだ、どこか違和感が残っていたので当然の反応だった。肉の竿が持つ熱自体が、Mさんを快感に導くとその時初めて気がついたものだ。

ゆりなにとって、ではその彼氏とは、とMさんが問い返すと、ここだけの話、といっていたずらっぽい笑みを浮かべながら、云ってみればバイブの代わりですよ、と云いのけたのだ。電池のいらないバイブだけど、イっちゃうと役に立たなくなる、と冗談口を付け加えた。そして、彼氏もお互い身体だけの繋がりだっていうことは確認し合ってますから、とあっけらかんと云ってしまう。

Mさんも表面上はゆりなと同じではあったが、その裏に横たわる愛情への渇望は隠せなかった。セックスがその愛情をつなぎ止めるなら、身体を武器に使うことも厭わなかった。逆に言えば、身体で繋がっていれば、愛情を錯覚出来るのだ。セックスフレンドはおそらくゆりなよりは豊富かもしれないが、愛情のないセックスをどこかで拒否している矛盾は、Mさん自身がずっと抱えていたものでもあったのだった。




尾田美和子 高橋愛弓 宮本万里子 ナンパ性欲 付き合い始めて数ヶ月のあつあつ東京の大学生カップル自宅でSEX撮影 吉原あうん






スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する