FC2ブログ

Jb's Blues

2016.05.31.Tue.01:45

嬌のあるかわいらしい顔立ちのゆりなだったが、Mさんと同様に物心ついた時から身体を鍛えてきた。その力は柔な男よりも強く感じられる時がある。完全に覆い被さる格好でゆりなに抱きしめられたMさんは、その力強さに思わずうっとりとしてしまった。Mさんの周囲の、例えばOなどよりはずっと、強い力に包まれる感触は、Mさんのもっとも欲するものでもあった。

そのことに気を取られていると、移動したゆりなからいったん離れた男が、身体の位置を変えた。布団がはだけられ二人の女性が重なる下腹部に男は中腰になった。ただ、Mさんからはゆりなが邪魔になってその姿を全部、捉えることは出来なかった。ゆりなは全裸だが、Mさんはまだ部屋着のスエットを穿いたままだった。だが、やはり硬直した勃起を抱えた男に下腹部に立たれるのは、Mさんに緊張を与えた。

ゆりなは我を忘れたようにMさんにすがりつき、激しく身悶えすると口づけを求めてきた。躊躇しているウチに、あっという間にゆりなに唇を奪われる。舌が押し込まれて絡みついてくる。唾液はその吐息以上に熱を帯びていた。そして、先輩と一緒に、と譫言のように云った。その言葉を遮るように、男がゆりなの中に入ってきた。再び直線的に揺れ始めたゆりなは、何度もMさんの名前を呼んだ。

やがてその言葉も意味をなさない喘ぎに変わると、一瞬ゆりなは身体を硬直させ、大きく背中をうねらせて激しく痙攣した。ゆりなの代わりに突き上げていた彼氏がおぉっ、と声を上げる。その緊張が解けた時、大きな息を吐きながら、全体重がMさんの上にのしかかってきた。熱い塊になったような肌の感触を、Mさんは全て受け止め、なぜかひどく愛おしくなった。今度はMさんがゆりなを抱きしめ、その絶頂の余韻をなだらかに撫でさすってやった。




尾田美和子 高橋愛弓 宮本万里子 ナンパ性欲 付き合い始めて数ヶ月のあつあつ東京の大学生カップル自宅でSEX撮影 吉原あうん







スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する