FC2ブログ

Space Cowboy

2016.05.01.Sun.11:37

泳の選手として数々の大会で成績を残したゆりなは、高校の終わりに腰を痛めて、将来を占う大会に出場を果たせなかった。それが結局、水泳で身を立てる道を諦めさせて、当方にくれた彼女は結局介護の仕事に就くべく専門学校に通うことになった。そこで選んだ地が、Mさんの地元だったわけだが、なぜゆりなが居を変えてまでその学校を選んだのかは定かではない。

ゆりなも趣味として身体を鍛えることは望んでいて、泳ぎ続けること選ぶのは当然だった。幼い頃から水泳に携わってきたゆりなに、結局他の道はなかったのだ。その落ち着く場所として、Mさんのスイミングクラブを選んび、専門学校を卒業してから正式にインストラクターとして就職することになる。Mさんとはいわば会員時代からの知り合いで、当然、就職したことにMさんも喜んだのであった。

Mさんが職場に復帰して、新たにオープンするクラブのために隣の県に移ることになった時に、彼女は相棒としてゆりなも誘い、それにゆりな自身も承諾していた。ただ、職場の方で許可が下りず、先延ばしになって、結局一年ほど間が空いてしまうことになる。Mさんが先に転居することになっても、早く早くと、せっつくように職場の上の方に掛け合っていたのが、やっと次の年の春に実を結んだのだ。

同じ職場で働くことが出来るようになったのが、まさしくOとの関係から距離を置き、Dさんの嫉妬から来る画策が頻繁になる直前の時期と重なる。それはまさに偶然のなせるわざと云わざるを得ないのだが、ゆりなとの関係もまた、別天地で新たな様相を見せ始めるのだ。新天地でゆりなも自由を謳歌し始めるのだが、それもMさんとの共通といえばそうだといえる。そこでMさんも知らなかったゆりなの真実の姿が、新たな土地とそのタイミングで現れてきたのだった。




谷原めぐみ 牧野桜子 池田真紀 宇賀なつみ 過度のSM 宇賀なつみ 彼氏のDV オナニー専用三田寛子画像







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する