FC2ブログ

Just Another Story

2016.04.30.Sat.11:02

元にMさんが居る頃、通っていたスポーツクラブは、元々大学卒業後に就職したクラブと同じ系列の経営だったが、そこを退職して後も同じようにプールには通っていた。その繋がりで、再び復職して居を変えることになったのだが、そこにも毎年新人が採用され、幾人かとはMさんの友人になっていた。元社員という肩書きは、その倶楽部に関わっている限り、どこへ行っても先輩としての威厳を保っていたのだ。

その中でもっとも親しくしたのは、ちょうど転居する一年前に採用された女性のインストラクターだった。彼女はMさんが新しい職場へ誘われているのとほぼ同じ時期に配属されてきて、すぐにスイミング専門の仕事を与えられていた。便宜上ココでは、ゆりな、という仮名で語らせてもらうが、そのゆりなとは歳の差もあって先輩後輩と云うよりは、もっと親しげな家族のように感じられるほど親しいモノだった。

どちらかというと、ゆりなの方が一方的にMさんに近づいてきて、女性同士話も合いスポーツクラブ以外でも出かけるほどにまで、親密さは増していた。特に、ゆりなは幼い頃から水泳の選手として彼女の故郷では名が知られていて、高校を卒業と同時に引退をした経歴があった。泳ぎを見れば、Mさんもゆりなの方も、お互いがどういう立場に置かれていたか、感じあうものはあるほど関わってきた世界なのだ。

Mさんとほとんど同じ境遇が共通項として二人の関係を近づけた。将来を嘱望された経験と、その後の挫折の現実は、彼女たちの性格形成にも大きな影響を落としていた。出会った時からその感触は得ていて、しかもその辺の意識を共有出来る存在は、お互いにとって初めての経験で、それがより深く二人を精神的な依存にまで発展するほど、距離を近づけたのであった。




谷原めぐみ 牧野桜子 池田真紀 宇賀なつみ 過度のSM 宇賀なつみ 彼氏のDV オナニー専用三田寛子画像




Peachy


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する