FC2ブログ

It Hurts Me Too

2014.01.25.Sat.15:05
 

盤になって、多少仕事との折り合いが難しくなって、休日出勤とはいっても、いくらかしわ寄せが後に残っていた。日曜日のOの会合は、一応友人同士なので、それなりに楽しみにはしていたのだが、仕事とどちらを優先させるかは、難しい物があった。それを最終日になって、取り戻す意味もあって、待ち合わせの時間をいつもより遅い時間にしたのだった。

だが、実際は、MさんとOはいつもの時間に私の部屋で落ち合った。それは、二人にとっては通常の時間で、私との待ち合わせが遅くなった分、ずっと長く逢えることを意味していた。

そして、それが最後の一日になることをお互いに自覚していて、降って湧いたような幸福な日曜日の集大成として深い絆を残しておこう、というような意気込みがあったのは間違いない。じっくりと名残を惜しむように、私の部屋での情交を味わおうと、二人ともが、会う前から昂揚していたのだった。

いつものように、Mさんが先に家に着き、間もなくOがやってきて、それを玄関で迎えた。Oが駐車場にクルマを停めて、中から顔を出した時から、既に彼の手には修理が成ったビデオカメラがあった。玄関から迎えに顔を出したMさんを、既にスイッチの入った状態でそのカメラは捉えたのだった。





谷川ゆかり 愛玩先生~美奈乃先生の秘密





魔術師の お・も・て・な・し




スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する