FC2ブログ

It's Man's Man's Man's World

2016.04.02.Sat.20:27

があった形跡のあるその空間を抜けるて横を向くと、薄暗い階段が上へと伸びていた。そこの壁に、個室ビデオ、という文字が見て取れた。そこはビルとビルの隙間のような空間で、上を見上げると夜空が見えた。そこを上がる手前でMさんは背後にもう一つ扉があるのを見つけていて、どうやらそこはもう一つの入り口なのだろうと予想出来た。店から入る入り口と、外から直接はいる入り口だ。

階段の上はやたらと狭い通路が迷路のように這っているフロアになっていた。抑えたピンク色の照明が全体を照らしているけれど、なぜか陰影がハッキリと付いて暗さは感じなかった。そして、不思議なほど音がしなかった。その通路を形作る壁に扉が並んでいる。そのフロアを奥まで行くと、男は扉の一つに鍵を差し込んだ。簡単に解錠された扉を開けると、Mさんを先に押し込むようにしてその中に入った。

薄暗さが増したと云うより、仄かに薄い赤色の照明がぼんやりと部屋の中を照らしている。廊下のピンク色と蓮故知違うけれど、陰影を浮かび上がらせる効果は同じで、中の様子がクッキリと目に入る。部屋の広さは二畳分ほどもあるかないかだが、中には一人がけのソファが一脚あるだけで圧迫感はなかった。代わりにソファに正対する壁に大画面のテレビが掛けられていて、それが赤い照明の正体だった。

そこが、ビデオを持ち込んで大画面で鑑賞しながらオナニーに耽る空間だということは、Mさんは知識として知っていた。だが実際に入るのは初めてだったが、そこを観察する余裕などはなかった。きつい芳香剤の匂いがむせかえるほど充満していて、鼻をくすぐられたMさんはつい一つくしゃみをしてしまった。背筋を悪寒が走ったけれど、それは自分がコート一枚だけの裸体だからというわけではなかった。




モデリーン スネアの倍音 泣き寝入り セトゲー 宮崎あおい REMO




新山かえで


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する