FC2ブログ

Night Train

2016.04.01.Fri.19:01

さした手をすぐに引っ込めて、Mさんは俯いたまま何とか肌の露出を隠そうとしたが、がっちりと男の手に抱えられて上手くはいかなかった。随分マニアックなモノを選ぶんだな、という男の呑気な声が頭の上から聞こえたが、Mさんには返答する余裕もなかった。男はそのパッケージを手に取ると、Mさんの腰を抱いたままくるりと方向転換した。棚の影から視線を送ってくる小太りには背中を見せて、レジの方を向く。ただそこにも店員の視線は存在していた。

方向転換して、やっと男の手は緩んだので、Mさんはコートの合わせ目をことさらきっちりと閉じた。再びボタンを留めて、更に両手で自分を抱えるようにして胸元を覆った。そんな事をしても、もうおそらくは店内にいる他の客にも、自分の破廉恥な行動は知られている。一秒でも早くこの場を去りたかったけれど、Mさんの乳房にはさっき男に触られた感触が、淫靡な燻りと共に残っていた。

男は歩いてそのままレジの前まで歩いた。傍らのMさんも当然押し出されるような格好でレジの前まで連れてこられた。明らかに好奇の目で見やる店員の顔が、Mさんを下から覗き込むように動く。やけにシステマチックな声でバイブの料金を請求すると、男は財布を取り出しながら上の部屋も一緒に、と合い言葉のような言葉を告げた。返事の代わりに、店員は一瞬ニヤリと笑った。

料金が倍以上加算され、それを男は支払う。代わりに剥き出しのバイブの箱の上にやたらと大きな札の着いた鍵が置かれた。男はそれを掴むと、また方向転換をして、今度は店の奥へと進んだ。胸元を隠していた手を再び男に取られ、引っ張られた。男はそのままズンズンと店の奥へと進む。つれられるままMさんはその方向にぽっかりと開いた入り口のような空間を見つけたのだった。




モデリーン スネアの倍音 泣き寝入り セトゲー 宮崎あおい REMO






スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する