FC2ブログ

Three Little Girls

2016.03.24.Thu.03:45

忙を極めていたDさんが一日をMさんのために割くということが、当時は不可能に近かったため、実際に転地で二人が顔を合わせることはほとんどなかった。そのことに遠慮したのか、マスターが単独で会いに行くことも希だったし、二人で訪れたことは皆無だった。ネットを介してその姿をいつでも見られる、という安心感も一方ではあったけれど、それに満足していた者は結局Mさん以外、一人もいなかったことになる。

ちなみにOを辿ってKが訪れたことは数度あって、その時は三人でかつてのように肉欲の宴に驚喜したらしい。ただ、すっかりOの愛人のような印象に落ち着いたMさんを見て、Kはどこか気後れしてしまったようで、かつてのようにMさんの身体を貪り尽くすまでの没頭は出来なかったらしい。疎外感を感じるわけではなかったけれど、やはりそこにある距離がもたらすズレのような存在に気づかないわけにはいかなかった。

それほどまでに親密な二人の中にくさびを入れるように、Dさんは折を見てMさんに男を宛がった。自らが赴きたいのは山々だっただろうが、現実にはそれが精一杯だった。自分よりもフットワークの軽い者を抜擢することになるが、そういう連中は普通の生活を営んでいる者の中にはあまり居なかった。いつもなら少し躊躇するような、いくらかクレイジーな人物を選んで差し向けたのは、無意識に嫉妬に焦がれた心がそうさせたとも言えた。

Dさんの周囲にはあらゆる種類の人物が存在していたが、そういう人並外れた元も繋がりは合った。どこかでドロップアウトを決め込んだような者でないと、わざわざ一人の女性に会いに車を飛ばして会いに行くのには、結構な距離があった。暇潰しというだけでは埋められない。結局、好き者なればこそ、という人選が、しかしMさんにもDさんにも欲の深さを煽ることは出来たのだった。




素人HD新婚無修正セックス動画 無修正淫乱熟女の秘密のオニイ




早坂梨乃ちゃんが無修正AVに出演!!



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する