FC2ブログ

It's Easy

2016.03.18.Fri.03:45

すことを許さなかったアヌスをMさんが開放したのは、Dさん達の説得の結果でもあったのだが、その過程の最初の部分を女性が担ったということも重要な意味をもたらした。男の欲望が前面に出ているだけでは、さすがにMさんも腰が引けていた。それほどに、アナル・セックスへの抵抗は根強かった。それを解きほぐしたのは、見た目にも颯爽とした女が惚れる女王様の為人のおかげだった。

その女王様が、アヌスへの施しで思わぬ利点として、便秘の解消というものを挙げたのにも興味を惹かれた。当然のように、アナルセックスの前にはそこを切れにする必要がある。いわゆる腸内洗浄というものが宿便取りに効果がある、という話をMさんにしたのだ。元々便秘に悩んでいた彼女だったから、最初は半信半疑ではあったが、食指を動かされたのは事実だった。

女王様は腸内洗浄の手ほどきから始めたので、最初の内は裸になることもなく、トイレとの往復で事が済んだ。それなりにMさん自身も悩みを抱えていた経験者だったので、女王様の教える方法の合理性のようなものにすぐに気づいた。そしてその方法が便秘の解消という事実が、嘘でもないことが証明された。明らかだったのはMさんの体重が減ったことと、そして腰のくびれが目立つようになったことだ。

アスリート体型を理想としていたMさんだったが、くびれたウエストにあこがれがないわけではなかった。そのことを姿見で確認したMさんは、いつしかアナルセックスもまんざら悪くはない、という気になったのだから不思議だ。自らの身体に自信が宿ると、自然とその肉体を誇ってみたくなるのは女性としての最もわかりやすい願望だ。その意識の変転は、セックスそのものへも開放的になり、新たな道に踏み出した自覚に繋がったのだった。




木村文乃 万波奈穂 広瀬アリス 川田喜子 村山らむね 金森真紀 亀石倫子






スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する