FC2ブログ

Wild About You

2014.01.21.Tue.02:40
 

関で抱き合い、唇を重ねるのは、私の部屋で逢い引きするようになっていわば習慣のようになっていたが、セックスまで至るのは、その日が初めてだった。私の部屋か、バスルームがほとんどで、いわば裸になるのも、そこ以外になかった。その日、庭で全裸になったことが、Mさんのタガを外したのかもしれない。

誘われるまま、Oは開かれたMさんの足の間に身体を差し入れ、膝を框に下ろして自分を支えた。そして、忙しなくベルトを外してトランクスと一緒にスラックスを脱ぐと、元気を取り戻した勃起を晒して見せた。そして、身体を前に倒しながら、先端をMさんの指で拡げた中心へと向けた。

中途半端に終わったさっきの情交が、今はちょうど良い前戯となって、何の抵抗もなくすんなりと繋がることに成功した。待ちきれなかったように、オチンチンを飲み込んだ瞬間、Mさんのオマンコの肉という肉が一斉にざわめき始め、絡みつき、吸い付きを繰り返した。

ふと、下駄箱の上に備えられていた時計を見やると、私が帰ってくる時間が迫っていた。早く、とMさんが呟くと、一気にいくぞ、とOは応えた。そして二人は互いの背中に腕を回して、抱きしめあうと、激しく肉の音を響かせて、腰を打ち付け合い始めた。





彼の奥さん ねえ入れて! 人妻専科








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する