FC2ブログ

Tell Me When You Need It Again

2016.03.14.Mon.03:45

王様の普段のプレイは相当ハードで、責めに関しては他の追随を許さないと評判なのだが、Mさんに対してはあくまでもアヌスの開発ということに絞っていたらしい。Dさんが依頼したのがアナルセックスを目的としたものに限定した為もあるが、元々Mさんに興味がなかったというのが大きな理由だった。あるいは興味を上回る偏見のようなものがMさんを尻すごみさせていたのかも知れない。

被虐の趣味はあってもそれはあくまでもスタイル的な意味のもので、身体的な痛みを伴うプレイにはMさんは特に拒否を示していた。痛みが快感に変わるということが頭でわかっていても、直接的な刺激で快感が得られるのなら、敢えて痛みを選ばないのが彼女のスタイルだった。アナルセックスも最初はそれが壁になっていた。それも経験から来る肉体の傷、と云っても好いかもしれない。

昔、恋人だったタケシが戯れにアナルセックスを求めた時のことだ。強引にタケシはMさんの後ろを責め立て、あげくに無理矢理勃起を突っ込んできたのだ。果たして尖端がアヌスを押し広げる程度の挿入は叶ったが、あまりの激痛にMさんは逃げるようにして身体を離した。それから暫く、アナルはもってのほか、タケシとの普通のセックスまで拒否したぐらいだった。

激痛は実際に流血を伴っていて、なかなか回復しないという事情もあったが、Mさんの中で快楽と不快の境界線が明確に線引きされた事件でもあった。それからDさんと出逢って、再三アナルセックスを誘われたが、彼女はなかなか踏ん切りが付かず、結局そのSMの女王様に出逢うまで許すことはなかったのだった。おそらくはMさんの性遍歴の中でも長い時間を掛けて乗り越えたという自負が、その快感には伴っているのかも知れない。




川又美優 牧山純子 伊藤朱里 大丸智子 平松加奈 佐藤真弓




マイ フルHD 無修正動画 素人


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する