FC2ブログ

Purgatory

2016.02.01.Mon.00:54

ろから突き上げながら、Oは徐々に膝立ちになり、やがてはその場に立ち上がった。繋がりを解くことはしなかったおかげで、それに引き上げられるようにMさんも腰を上げ、自然とマットレスに足の裏を突いた。そして、更にソファの背もたれの最上部に押しつけられると、Mさんはその上に乳房を乗せるような格好で身体を支えた。背もたれを抱えるようにMさんが手を着くと、Oの手は再び彼女の腰に宛がわれた。

ソファの後ろには、いくらか隙間があって、人が通り抜けられるスペースがあった。その上に部屋を俯瞰するカメラが仕掛けられている。Mさんがソファを抱くような格好で繋がると、最も大きく二人の姿が捉えられた。思わずMさんが顔を上げると、その表情が画面いっぱいにアップになった。快楽に翻弄されて、すっかり虜になったMさんの顔は、存外に猥らに染まっていて完璧に我を忘れているように見えた。

眉間にしわを寄せ、苦悶にゆがむように見えて、その肌のあちこちに歓喜の色がにじみ出ている。口を半開きにしてそこから漏れる吐息は、艶めかしい響きをくっきりと浮かべていた。カメラの近くにマイクがあるのか、その声は珍しくはっきりと捉えられていた。音質は明瞭とは言いがたいけれど、それでも、Mさんの声が尋常でない快楽に取り込まれていることは十二分に伝えていた。

吐息が言葉を形作ると、それはどれも勃起の快感に喜ぶ言葉の連続だった。いい、とか、すごい、とか、仕舞いにはOさんのオチンチン大好き、とまで口走っていた。羞恥がどこかへ消し飛んでしまったように、猥らな言葉が次々と吐き出されては消えていった。Oも動きが乗ってきたのか、Mさんを貫くリズムがどんどんと早まってきていた。それに煽られるように、Mさんは次第に絶頂の予感を口走っていた。





青葉かおり おかめソックス 国岡真由美








スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する