FC2ブログ

Plastic Hip

2016.01.18.Mon.03:45

人のセックスを覗き見たいという願望は誰しもが持っているものだが、それが親しい間柄ならなおさら興奮度は増す。ただ、MさんとDさんの関係は、親しい仲を多少乗り越えている部分があり、また、覗き見るという観点から云えば、隠れることなく堂々と目の当たりには何度もしていたのだ。おそらく、遠距離という状況が訪れなければ、Mさんのプライヴェートを覗き見ようという発想はわき起こらなかったはずだ。

それを興奮に結びつけたのは、結局二人の距離だったのだ。隣の県とはいえ、通い合うには遠すぎる距離だった。そこに不倫相手を追いかけていったような格好になった男がいるとなれば、嫉妬混じりに値踏みをするような下卑た感覚が、興奮を煽った面があったのだろう。多少歪んだ性癖だけれども、Mさんが他人と寝ている姿を目の当たりにして新たな情欲の炎を燃やす事は、その頃はもう当たり前のスパイスになっていたのだ。

斯くしてネットで繋がったDさんの手元にMさんとOの情交が送られ、ちゃっかりそれを保存されたのだった。システムを構築した痩せ男には厳しく能っておいて、自分は思うままにMさんの痴態を好きにしていたのだ。余談だが、隠しカメラにしては、相当画質が良いモノが遣われている。小ささ故の限界はあるけれど、かなり詳細にMさんの痴態を捉えることが出来る者だった。

もちろんそれは痩せ男に自腹を切らせたモノで、一度ウェブカメラのようなモノでお茶を濁したら、画質が気に入らないとダメ出しされたのだそうだ。結局、探し回ったあげくに相当高価な物を仕込むことになったらしく、痩せ男の出費はかなりなものになったのだった。それをまた横取りできれば彼にとっても利益はあったのだろうが、それはもう考えには及ばないほど、痩せ男に科せられた制裁は大きなものだったのだ。





オボカタハルコン スプタニウム オボカタハルニウム







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する