FC2ブログ

Soul Of Joy

2016.01.17.Sun.03:45

距離恋愛の隙間を埋めるような映像配信のシステムだったが、その割には二人がネットで繋がる機会が無かった。メールのやりとりは頻繁だったが、実際にMさんの痴態をDさんが目にすることができるのには時間が掛かった。最初の内は羞恥がそれを阻んでいたのか、あるいは単純に新天地での生活がなかなか落ち着かない性だとDさんは予想していた。実際にそれは初期の数ヶ月の理由ではあった。

だが、その真相の大半は、Oがほぼ毎日顔を出していたせいだった。Oの存在をMさんはDさんには伝えていたが、そこまでの親密さとは説明していなかった。居を別にしている時間が瞬く間に崩れて、その部屋は二人の同棲部屋のように変わってしまっていた。暫くして業を煮やしたDさんがその部屋を訪れて、初めてそこがOとの愛の巣になっていることを知らされたのだ。

元々ちゃんとつきあっているパートナーという意識はお互いになかったが、距離ができて初めて、その関係の深さを知ったのはDさんもMさんも同様だった。MさんにとってDさんは、他の誰よりも自分自身の身体を知り尽くしている最も長い付き合いでもある。それは自ずと信頼関係を深めていた。結果、これがきっかけになって、その後DさんはMさんにプロポーズすることになるのだが、その話はまた後日にする。

ともかく、Oと親密になった経緯のようなものをDさんにきちんと説明したのだった。Oも私も、実はDさんとは面識があったのだが、Dさん側ではその時、Oとの過去など全く忘れていたらしい。ずっと後になって、私も含めてOとの繋がりを示すと、その時になってやっと思い出したぐらいだ。それよりは、Dさんにとっては知らない間にMさんを横取りした存在として、Oは刻みつけられていたのだった。





オボカタハルコン スプタニウム オボカタハルニウム








スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する