FC2ブログ

I'M IN THE MOOD

2015.12.29.Tue.22:09

元でいる時でも、Mさんの部屋を存分に使って身体を重ねていたし、そこに泊まることもほぼ常態化していた。それでも環境が変わると見える風景も違ってくるもので、Oなどは独身時代に戻ったように、Mさんの部屋でのセックスを満喫した。セックスだけに限らず、彼女の部屋は至れり尽くせりで彼自身、居心地が良かったのもあった。地元にいる時の妻の代わりはほとんど全てMさんが担ってくれたのだ。

Mさんの部屋は、単身用のOの部屋よりもずっと広く、幼い子供のいる家族なら充分に生活できるほどのスペースがあった。リビングに、寝室代わりの四畳半の和室が並んでいて、ダイニングキッチンからどちらへでも行けるようになっていた。トイレとバスルームは別になっているし、ベランダも南に面して備わっていた。Mさんの職場が斡旋してくれた部屋だったけれど、大矢は新婚さんにちょうどいい、というような風にその部屋を紹介していた。

寝室には和室に併せて布団を敷くようにしていたが、リビングに置いたソファもベッドを兼用できるもので、場所はかなりそれに占められてしまったが、寛ぐには充分だった。ほとんど寝るための部屋だから、横たわるための家具が中心になるのは致し方ない。その真ん中に引っ越しに併せて買った大画面のテレビがひときわ目立っていて、Oはそこで自らが撮ったMさんとのセックス映像を流すのを好んだ。

OMさんの痴態を納めたDVDをわざわざ専用のケースに入れてMさんの部屋に持ち込み、ほとんどBGV代わりにそれを流していたのだ。最初の頃は慣れなかったMさんも、それが普通になってくると、別の場所で乱れて姿をさらす自分を横目で見ながら、新たな快感にとらわれることに何時しか当たり前に受け入れてしまっていた。それを一人で見ることはなかったけれど、何か小野織にプレイヤーを操作すると、不意に自分の猥らな姿を目にしてしまうことは度々あった。





シェリル・クロウ 桜庭ななみ ケダマ







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する