FC2ブログ

GET DOWN, GET DOWN, GET DOWN

2015.12.25.Fri.00:24

身赴任が決まってから、実際にOが転居するまでは早かった。新居に腰を据える間もなく、非常な転勤のジレはOを追い立てるように赴任地へと向かわせたのだ。後を追うようにMさんが向かったのだったが、それは暫く後になった。両親の転居が大幅にずれ込んだのもあって、結局はMさん単身が先に出ていくことになった。それでもその年の夏の終わりにはお互いの腰が落ち着く結果になった。

スポーツ・クラブのリニューアルオープンの準備段階からMさんは仕事に追われ、どちらかというと事務方の処理に忙殺されることになった。一度閉鎖した施設を改装して、新たに最新の設備を導入する。その選定段階からMさんの仕事は宛がわれていた。秋にオープンの告示を打ってしまっていたし、会員の募集も行われていたので、それこそ目の回るような忙しさだったのだ。

だから、MさんとOが新天地で再会を果たしたのはお互いの腰が落ち着いた秋の終わり頃だった。単身同士、いつでも会えるような立場になったはずなのに、メールでのやりとはあっても、顔を合わせるのにそれだけ時間がかかったことに、再会した時には苦笑を交わしあった。最初は、言い訳をするようにお互いの忙しさを披露し合うことに終始してしまった。

Mさんの部屋をOが訪れるという格好で移転地で初めて顔を合わしたのだが、それからは堰を切ったように、その羽を伸ばせる環境にどっぷりと浸かることになった。二人が肌を重ねるどころか、顔もあわさない時間は、半年にも満たない普通の時間だったのだが、それが謂いようのない飢餓感を煽ったのか、今まで以上に親密な関係が瞬く間に出来上がってしまったのだった。





元祖リベンジポルノ もりすむmorisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム Winnyつこうて彼女とのハメ撮り画像を流出!「真◯ちゃん」







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する