FC2ブログ

Mr.CATMAN

2015.12.16.Wed.09:24

頭の傘の部分が見えるまで腰を引くと、Mさんの妃裂の口が逃すまいと蠢く様子が見て取れた。さすがにそれを口にするボキャブラリーを彼女は持ち合わせていなかったが、イヤだ、恥ずかしい、と悲愴な声を漏らした。スケベなオマンコだ、とOが云うと一気にMさんの羞恥が頂点に達した。口で表現するよりずっと、実際のMさんの底はみだらに悶えてしっかりとそれをOに伝えていたのだ。

それでも、恥ずかしい、ともう一度云うと、今度はMさんの方から腰を突き出してきた。板から尻を浮かせて、太股の内側でOの腰を抱くような格好で一気に勃起を飲み込もうとした。一瞬、Oは腰をさらに引いて逃れようとしたが、繋がりたい欲望はMさんの方が勝っていた。見えない力に引き寄せられるように、Mさんの妃裂にOの勃起が近づいていき、やがてはその先端に吸い付かれた。

パクパクとMさんの肉口が蠢いて勃起を飲み込んでいく。入ってくるっ、と歓喜の叫びに似た声を上げながら、Mさん自らが勃起を根本まで納めてしまった。Mさんの股間とOの股間が密着すると、彼女はひときわ長く尾を引く喘ぎを漏らすと、全部・・・、と言ったまま絶句してしまった。彼女の全身の動きは、そのまま妃裂の奥に繋がる。そして、それをもっとも良く堪能できるのが、繋がっているOの勃起だった。

言葉を継ぐ前に、Mさんの方から腰を揺らし始めた。気がつくと、完全にMさんの方が主導権を握っていて、快感を貪る行為に夢中になってしまっていた。Oはいくらか冷静に、Mさんの全身を眺めてみたが、工事途中の自宅で全裸になって欲望にとらわれてしまった彼女の姿に、すぐにまた虜になってしまった。それほどまでに猥らな女性を、他では見たことないと、Oはその時の光景を強く胸に刻んだのだった。





赤松佳奈 綾城優希 緊縛不倫妻の憂欝








スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する