FC2ブログ

sheet blues

2015.12.11.Fri.01:12

体をいったん離して電灯を足下に置いたOはその光線の先をMさんに向けた。放射状に放たれた光は二人がいるスペースをやけに明るく照らし出したが、最も明るく浮かび上がったのは、Mさんの股間だった。スポットライトをそこだけに当てられたように、Mさんの秘部が強調される。押し倒されて後ろ手を突いた姿勢の中心で、開いた足の真ん中に卑猥にめくれたそこがくっきりと陰影を付けていた。

LEDの明かりは青白くMさんの裸体をくまなくOの目に焼き付けた。しばらくの間、Oは光に照らされたMさんの姿に見とれてしまっていた。恥ずかしい、と小さく呟いたMさんの声にやっと我に返ったが、その声にずいぶんと艶めかしく昂揚した響きを聞き取って、Oの中心が弾かれるように熱くなった。周囲代わりに密閉されることに、やっとMさんも慣れたのだろう。淫猥な気分が顔を出せば、そこにあった背徳感は快感に代わる。

工事途中の現場は、ホコリが舞っていて人が通るだけでも霧のように煙った。Mさんが腰を下ろす板にもうっすらと積もっていて、そこに背中を突けることは憚られた。そのせいで、上半身を起こしたまま、Oを迎え入れるような体制になった。それは自然と自分の股間も見下ろすことになる。足を開いてる姿勢は、いつもOの前での普段の姿だが、今はどこか誘っているようにも見えた。

明るい光に目が慣れて、やっとOは手を伸ばした。その指先がMさんの妃裂に触れると、Mさんは喉を反らして喘いだ。こっちを向いて、とOが押し殺したような声で言い放つと、Mさんはその威圧に気圧されたようにまた俯いた。その瞬間、OMさんの妃裂をグイッと大きく広げて見せたのだった。スポットライトに照らされたように、その様子がクッキリと目に飛び込んでくると、Mさんは艶めかしい声で一つ鳴いたのだった。





アダルト柏原こずえ 歳の離れた熟女に浣腸した HEAD PHONES PRESIDENTのAnza





素人1000人食えるかな?



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する