FC2ブログ

SLIDER

2015.11.25.Wed.19:11

外にセックスの舞台を探し求めるのにも慣れてくると、次第に過激なシチュエーションを求めたくなってくるものだ。夏が終わりに近づくと、MさんとOもその倦怠にも似た空気を感じ始めていて、危ないラインを越えようとするような場面が次第に多くなってきていた。そもそも、二人が逢っていること自体、危険の中にあるのだが、それ故にセックスでの繋がり強固で、欲望が留まることなく膨らんでしまうのだ。

そのうちの一つが、Kを誘ってのプレイだったのだが、それもアクセントとしては限界があった。屋外プレイをKに自慢するように見せかけて、巧みに彼を誘い出してコトに及んだのが、場所も一度二人が繋がった場所で、さらなる刺激には物足りなかった。場所が屋外に変わっただけで、相手にKが加わってもそれほど代わり映えはしなかったのだ。そうすると、次第に場所が人気の多い場所へと近づくことになった。

それが危険なことだという認識は、二人の中にもちゃんと逢ってさすがに実行は昼間というわけにはいかず、結局、また夜の闇に紛れることが多くなった。それでも、一度はOの仕事場の近くの地下駐車場に昼間、クルマを駐めて、そこからトイレに赴き、個室で息を潜めて繋がったこともあった。Oは営業車で来ていて、さすがにその中では無理だった。Oはそれでも善かったが、Mさんが懇願してやっとトイレという逃げ場所を見つけ出したのだ。

繁華街が近いせいで、クルマの出入りはけっこう頻繁で、それに伴って人の往来も盛んだった。時折外で用を足す音が聞こえ、当然話し声が聞こえたりもした。おそらく、二人のプレイ場所としては最も人気の多い場所での繋がりだったのだろうが、屋外の開放された雰囲気には遠く及ばず、それがMさんには物足りなかった。それでも充分にOは興奮して、いつもよりも勃起の硬度を増していたのは感じられたのだった。





オマハ 田村真穂 リベンジポルノオレのオチンチンワールド・ワイド・デビュー








スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する