FC2ブログ

Skyscrapers

2015.11.15.Sun.04:10

きを告白することによって、OMさんのカーセックスという淫乱な一面を露わにさせることが出来たのだが、それがきっかけになったのか、二人は屋根のある場所でのセックスから徐々に離れていくのだ。それまでにも、カーセックスも、屋外でのセックスも経験済みだが、それがずいぶんと加速するのだ。気がつくとそれまでの密会から、開放された野外のセックスがいつの間にか前提になっていた。

推測だが、おそらくはカーセックスを覗いた、と云う事実が嫉妬と相まって、Oの淫欲な本能のどこかに火を付けたのだろう。また、Mさんも必要以上に躊躇することがなくなったのかもしれない。Oとの信頼がその頃あらゆる方向から重ねられて、セックスパートナーとして互いに奔放に振る舞える間柄になっていたのだ。身体だけで繋がった関係は、想定外にお互いの隅々までを晒す結果を導いたのだ。

どこかMさんも、露出狂のようなところがあって、実をいうと屋外で裸になることに、羞恥は感じるが異常なほど興奮するのも事実だった。だから、他人の目を気にすることなく、解放される気分を味わうことが出来るなら、彼女は積極的に肌を晒し、また男の欲望を受け入れていた。元々本能的に、女性は抑圧から逃れたがる衝動が備わっているものだ。それがセックスというベールに包まれた途端、猥らを許されて裸になる事はもっとも望む事なのだ。

Oに限らず、Mさんの周辺に露出の傾向は多分にあったが、少なくともカーセックスの一件から、Oとのセックスがそちらの方向に傾いたのは事実だった。ちょうど季節も薄着を余儀なくされる頃で、その年の夏はまさに露出三昧だったらしいのだ。未だ私との付き合いは続いていたが、もう彼女の性癖を支えていたのはどちらかというとOの方だったのだ。





黒名ひろみ 松尾淳子 佐藤朱







スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する