FC2ブログ

MIDINIGHT SKYWAY

2015.10.31.Sat.10:01

終的に、男の得意な性癖をMさんは思い出すのだが、それを実際に目の当たりにするのはもう少し先だった。それよりも、ようやくお互いに繋がった瞬間の最高潮からなだらかな坂を下り始めたところで、次なる頂へと足を踏み出していた。男にとってセックスは遊びの延長のようなもので、こういうとき、Mさんはその薄っぺらな愛の形に乗っかることで、貪欲な性癖を隠すことに成功する。

それは文字通り足を踏み出したのであり、男はMさんの身体を支えるようにして、一歩足を前に出した。倒れ込むようにして二人は繋がったままベッドの方へと移動した。毛足の短い絨毯が敷かれてあって、素足でそこを擦りながら、徐々にベッドの方へと歩いて行く。一歩一歩は短いが、その動きは繋がった部分を中心に、放射状に猥らな感触をお互いの中に広げていく。

ベッドは壁から突き出すように部屋の大部分を占めていて、普通のダブルベッドよりは倍はあろうかという威容を誇っていた。その部屋自体がなかなかの広さを誇っていて、それがMさんのお気に入りのポイントでもある。ベッドはそれを最も象徴している。壁の反対側のベッドの端には、その向こうに続く通路があつらえられていて、そこを抜けるとまた広々とした二人がけのソファがあり、ベランダの方を向いていた。

イルミネーションが施されたベランダを鑑賞するためにソファはそちらを向いているのだろうが、ベランダ自体は狭いがそこに出られるようになっていた。高い壁に囲まれて周囲は見えないが、頭の上に覆いは無く今なら夜空が広がっているはずだ。男がそこに向かっているのはMさんにも感じられたが、たどたどしい足取りではなかなか着かず、途中で何度も立ち止まってそこでまたじっくりと繋がっていることを確かめ合うことになった。





長町穂乃香 荒木奏美 仲居さんの性サ-ビス







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する