FC2ブログ

Sunshine Woman

2015.10.08.Thu.05:59

縛という意味とは関係なく、元々人という物はセックスできる相手が見つかれば、何とかしてその機会を多くしたくなるのが常で、私も別にそれを否定しているわけではない。理由を述べると長くなるので割愛するが、Mさん自身はそれほど私自身が自由に振る舞うことを快く思っていなかったのだ。自由の対価として自由を得るということを強制しなかったおかげで、MさんはMさんで、私を束縛することにはまったくお構いがなかった。

だが、Mさん周辺の男たちは、単純にMさんに逢いたがった。それぞれ異なる境遇があっても、機会を見つけて逢う女性のリストにMさんは必ず入っていたのだ。だから、それがおかしな結果を生むこともある。例えば、Mさんの浮気を私は最後までうかがい知ることは出来なかったが、ほかの男たち同士のニアミスは何度かあったらしいのだ。逆に、私が別れた後にその事実を知ることの方が、やはり鈍感だったという事実しか見いだせないほどだ。

あのOも、そういう貴重な体験をした一人だった。偶然、Mさんがほかの男と身体を重ね合っている最中を目撃したことがある。Mさん自身の奔放さに、ある程度予想と理解を持っていたはずのOだったが、それが重なるというのはまさしく貴重な経験だった。他の男たちの多くは、Mさんが映り込んだ映像でその事実は知ってはいるが、実際に見知らぬ男とのセックスを偶然に目の当たりにするのは、そう多くはない体験だったのだ。

Oなどは自身が妻帯者であるという立場もあり、Mさんと私の関係も知っているし、彼女の交際範囲の広さもすべてではないにしろ知ってはいた。だが、目の当たりにした衝撃は結構な物だったらしく、あろう事か嫉妬まで感じたというのだ。その嫉妬は後々まで続くことになるのだが、とにかくその場での衝撃の深さは相当なもので、自分一人では抱えきれなかったのか、限られた友人に伝わり、それが回りまわって結局は私の耳に入ってきたのだった。





相撲観客 巨乳 無修正パイパン緊縛







スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する