FC2ブログ

C'est La Vie

2015.10.07.Wed.01:44

いに互いを束縛することに抵抗を覚えるのは、どちらかというと私の方の意識が強く、それをMさんは上手く利用していたのかもしれない、と今になって思う。彼女の為によかれと思ってしたことが、裏目に出てしまったと云うことだ。そういう意味では、Mさんにとっては私は都合のいい男だったのだろう。私に隠れてMさん自身が奔放に振る舞う隙間を、私自身が用意していたようなものなのだ。

それがつきあいを続ける理由だった、というのはいささか疑問が残るし、今もってなぜ私が選ばれたのかという真相とも云うべきモノは、よく分からないのだ。Mさんに何か利点がないと、私という存在をつなぎ止めておく理由が彼女にはないはずだ。私という存在があるからこその快楽を得るシチュエーションというのも確かにあるが、それに最適だったのかは私自身には分からないのだ。

そもそも、その頃の私自身が目眩がするほど忙しい時期を過ごしていて、もしかするとその辺が、Mさんの意図をあらぬ方向に変えたという可能性もある。私と出会うまで、Mさんは長く特定の恋人という者を持たなかった。結婚にはギリギリの年齢となってMさんの方にその意図があったのか、あるいは偶然なのかは定かではないが、独り身に飽きていたのは事実だろう。

基本的に束縛をすることを嫌う私は、意識的にMさんを自由に振る舞わせるために自らの状況を利用していた。そういう事実があったから、という側面もないわけではないが、とにかく自分と逢っていない時間に干渉することは避けていた。だから、あえて私の知らない時間を問い質すこともなかったのだ。Mさん自身は、そういう私を鈍感な者と蔑んでいたのかもしれないが、振り返ってみればそれも甘受しなければならないと今になって思うのだ。





相撲観客 巨乳 無修正パイパン緊縛








スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する