FC2ブログ

My Last Affair

2015.09.12.Sat.07:58

光地然とした街を散策したが、ほとんどが土産物を物色することに終始してしまった。それから夕食を終えて二人きりで露天風呂を満喫した後は、久しぶりにゆっくりとした時間を過ごすことが出来た。軽く夜の街を浴衣姿で歩いて、それから宿に帰るともう床の用意が調っていた。いつも時間に追われるような毎日だったのが、逆に空いた時間が出来ると間を持て余してしまうのに苦笑した。

戻ってくる時に、駐車場を見ると家族連れのワゴンが並んでいる隅に、バイクの一段が固まっているが見えた。私が記憶しているのはそこまでで、それが実は重要な意味を持つのはずっと後になって知ることになる。だがその時は、ツーリングの集団がいるんだな、ぐらいであまり気にも留めなかったのだった。ツーリングの光景は、その度の間中そこここで見慣れた風景だったのだ。

夜になって、当たり前のようにMさんとセックスした後、私は早々と眠りについてしまった。一日中クルマを運転してその日は相当に疲れていたのだ。そこにアルコールも加わって、欲望を満たすと後は睡魔に取り込まれる以外無かった。一方、Mさんは事が終わると、浴衣を整えて、もう一度湯に浸かってくる、といって部屋を出て行った。そこから朝まで、私の記憶は途切れていて、朝早くに、隣に寝ているMさんを見るまで、全く何も気づかなかった。

浴場は一応男湯、女湯に分かれていて、Mさんが女湯の方のドアノブを回そうとすると、鍵がかかっていて中には入れなかった。おそらく、混浴している最中なのだろう。私たちは夕食の時間を狙ったが、深夜の方が利用できる確率は確かに高くなる。それでもあきらめきれないMさんは、試しに男の湯の方のドアを開けてみると、そちらはすんなりと空いたのだった。





バロン辻村 久本真菜,カップ 縛られた現場撮影





クチコミサイトで話題の人気エステサロン



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する