FC2ブログ

Smokestack Lightnin'

2015.09.01.Tue.23:01

きましたか、というのんきな声を聞けば、いつもは返事もろくにせずに電話を切ってしまうのだが、そのとき感じたおそらく背徳的な快感にとらわれたMさんは、思わず会話をその上にかぶせていた。半分切られることを予想していたWがその時は訝しそうに応対する。Mさんは電話の向こうのWの顔を想像して、吹き出しそうになるが、タケシの突き上げがそれを阻んだ。

わかりきっている練習のスケジュールを訪ねたり、外は晴れているのかとか、そういう言葉を重ねているうちに、タケシもその状況を理解し始めていた。最初は早く切れ、といわんばかりの威圧的な挿入を繰り返していたが、Mさんの意図を察してからは、違う種類のピストンを加え始めていた。その快感を押さえ込みながら、MさんはWとの会話をつなげていた。自分で自分に責めを課すような、奇妙な感覚に女欲は反比例して燃え上がった。

ゆっくりと長く喋ったつもりだったが、時計を見るとほんのわずかな時間しかまだたってなかったのだが、普段部活で会話するような調子で話しているMさんの顔に、タケシの放った精液が降りかかった。一瞬声が詰まったのを、Wは聞き逃さなかった。どうしたんですか?と尋ねてきた。もどかしそうに言葉がしどろもどろになるMさんに、更に大丈夫ですか、とWは言葉を重ねてくる。

何でもない、と返事しようとして、その口にタケシが勃起をねじ込んできた。電話の向こうでは、Wがもう一度、大丈夫ですか?と尋ねてきた。何とか、うんうん、と絞り出すように言って、Mさんは一方的に電話を切った。口中にはなったばかりの精液の苦みが広がる。それを舐め取りながら、何かから解放されたような感触を、Mさんはそのとき覚えた。その不思議な感覚は、しばらくはMさんの中で、興奮となって蟠り続けたのだった。





丹谷汐里 井上なつみ 栗田菜々子 黒木いくみ 成田美寿々 植田良子 戸田千 田岡久子 後藤代志子 川崎映夢 鈴木暁子 相良倫子 九重かんな 水卜さくら 卯水咲流 小早川怜子 瞳リョウ 石川成美 片岡千涼 渋田千尋 桑原悠 小西博子 小倉賢子 大平梨緒 茜沢ユメル 高橋しょう子 原さくら 初川みなみ つぼみ 青木比奈 麻里梨夏 永井みひな 若菜奈央 卯水咲流 菊川みつ葉 富田優衣 川口葉純 一宮つばさ 水川かずは 御坂りあ 春菜はな 日乃原杏 桜空もも 岬ななみ 天海つばさ 希崎ジェシカ 西宮ゆめ 大浦真奈美三浦友理枝 長尾優華 鎌田直子 藪内由佳 久保みどり 野萱純子 一路真輝 藤原あかね 橋本美幸 杉ノ内由紀 石井美砂子 鮎川颯 荻野瑛 北条裕子 田岡久子 後藤代志子 山田葉月 三木香奈子 嶋津菜摘 冨田麻友 高見怜奈 山岸逢花 佐々波綾 本田岬 有坂深雪 宝田もなみ 君島みお 初乃ふみか 松本菜奈実 天使もえ 梅本佳子 川上由佳 竹俣紅 大里葉桜 木谷未彩 計良麻里加 豊田直美 松原あけみ 明日海りお 朝倉みずほ 姫野たま 大西里帆子 曽根三千代 石川陽子 尾田美佐子 並木みどり 山本佳子 永峰陽 皆川夏穗 中谷芙二子 林さくら 加藤麻衣 三原ほのか 推川ゆうり 黒木いくみ 三浦伊織 植村美奈子 純名理沙








スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する