FC2ブログ

Smokestack Lightnin'

2015.09.01.Tue.23:01

きましたか、というのんきな声を聞けば、いつもは返事もろくにせずに電話を切ってしまうのだが、そのとき感じたおそらく背徳的な快感にとらわれたMさんは、思わず会話をその上にかぶせていた。半分切られることを予想していたWがその時は訝しそうに応対する。Mさんは電話の向こうのWの顔を想像して、吹き出しそうになるが、タケシの突き上げがそれを阻んだ。

わかりきっている練習のスケジュールを訪ねたり、外は晴れているのかとか、そういう言葉を重ねているうちに、タケシもその状況を理解し始めていた。最初は早く切れ、といわんばかりの威圧的な挿入を繰り返していたが、Mさんの意図を察してからは、違う種類のピストンを加え始めていた。その快感を押さえ込みながら、MさんはWとの会話をつなげていた。自分で自分に責めを課すような、奇妙な感覚に女欲は反比例して燃え上がった。

ゆっくりと長く喋ったつもりだったが、時計を見るとほんのわずかな時間しかまだたってなかったのだが、普段部活で会話するような調子で話しているMさんの顔に、タケシの放った精液が降りかかった。一瞬声が詰まったのを、Wは聞き逃さなかった。どうしたんですか?と尋ねてきた。もどかしそうに言葉がしどろもどろになるMさんに、更に大丈夫ですか、とWは言葉を重ねてくる。

何でもない、と返事しようとして、その口にタケシが勃起をねじ込んできた。電話の向こうでは、Wがもう一度、大丈夫ですか?と尋ねてきた。何とか、うんうん、と絞り出すように言って、Mさんは一方的に電話を切った。口中にはなったばかりの精液の苦みが広がる。それを舐め取りながら、何かから解放されたような感触を、Mさんはそのとき覚えた。その不思議な感覚は、しばらくはMさんの中で、興奮となって蟠り続けたのだった。





愛液いっぱい巨乳無修正動画 有吉なおこエロ動画 極道妻緊縛調教動画








スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する