FC2ブログ

Poor Boy

2015.08.26.Wed.12:01

抗を見せなかったMさんは自分から軽く太股を開いてみせると、それに煽られるように、Wの手がその太股を左右に割るようにして上へと掲げた。持ち上げられた足の間を、一瞬Mさんは手で覆い隠そうとしたが、思い直してその手をすぐに畳の上に投げ出した。すると、Vの字に開かれたその中心へと、Wは顔を押し込んでいく。まもなくMさんの妃部が彼の鼻先に触れた。

独特の臭気とわだかまった熱気がさらに濃くなって彼の鼻腔をついた。風俗で感じる嫌みのない感触とは違って、生々しい芳香にWはさらに興奮の度合いを高めた。股間で勃起が悲鳴を上げそうなほどにそそり立っていて、それを中心に発熱したかのように、全身が熱い。その熱情に突き動かされて、一直線に香りの立つ源へと唇を押し当てた。生身の女性から溢れ出た蜜が、すぐにどろりとこぼれ落ちてきて、彼の唇を濡らした。

それをすすると盛大な音がして、それに被さるようにMさんの艶めかしい声が響いた。吸い付いた唇の間から、舌を差し出して肉の洞を探ると、次から次へと粘液が溢れてくる。それを掻き取るように舌を動かすたびにMさんの声がボリュームを増した。更に奥へ、奥へと舌先を進めると、今までに感じたことのない、生き物が蠢いているような感触がした。それを確かめるように探ると、更にMさんは身体をくねらせて喘ぎを漏らす。

その声がくぐもって、やっとWは視線をMさんの顔に向けた。すると彼女は、自分の人差し指を噛み、苦悶に満ちた表情を浮かべていた。自分の快感に酔う振る舞いに没頭しかけて、我に返った彼女が、その声を抑えるために苦心していることが、Wのさらなる興奮を誘っていた。あの時も声を抑えるのに腐心していたのを思い出したが、ただ、それよりはもっと熟練した奥ゆかしさのような者を感じて、Mさんに重ねられた時の重さをWは感じたのだった。





愛液いっぱい巨乳無修正動画 有吉なおこエロ動画 極道妻緊縛調教動画







スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する