FC2ブログ

さらさら

2015.08.01.Sat.10:26

FC2ブログ

を立てて和式便器にしゃがむような格好で、腰を上下するMさんは、同時に、気持ちいい、気持ちいい、と呪文のように繰り返していた。男の名を呼んで、オチンチンが気持ちいい、と卑猥な言葉を言う自分に、さらに酔っていた。目を閉じて何かに集中しているように眉間に皺を寄せている。もうその頃には、Wも、新たな射精感のわき上がりに翻弄されていた。

Mさんが男の射精を誘っているように見えるのは、Wの経験が全くないせいで、実はそれは彼女自身の貪りの結果であった。だが、Wには、自分の精液さえも吸い尽くそうとするかのように錯覚していた。もちろん、当事者の男も、そろそろ限界に低い唸り声を漏らし始めていた。Wのいる窓のない倉庫は相当熱が籠もっていたが、それ以上に二人の交わりの方が温度が上昇しているような気さえした。

Wの扱きが止まらなくなったのと時を同じくして、男が一度離れると、Mさんを前へと倒れ込ませて、上から覆い被さった。再び正常位になると、さっきのお返しとばかりに男は一層せわしないピストンを繰り出し始めた。左右に開いた足の間に勃起を打ち込む。さらには、Mさんの両足を肩にかけて、前倒しにして、上から打ち込むようにピストンをする。そのスピードがどんどん加速していった。

やがて音子は上半身を起こすと、腰だけを使って最も速いスピードへとシフトアップした。Mさんは身体を開いて、一身にそれを受け止める。やがて、勃起を引き抜き腰を浮かせると、肉の竿の根本を支える。そこにMさんの手が伸びてきて亀頭の嵩張った部分を掴んだ。手慣れたようにそこを扱くと、あっという間に男の先端から精が放たれた。勢いを着けた精液は、帯のような塊を空中に描いて、Mさんへと降り注いでいった。





四国学院ガールズバンド 有吉奈緒子 無修正無料動画最大ぼっ起後射精








スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する