FC2ブログ

Lost Place

2015.07.01.Wed.22:59

館の最寄りの駅でレンタカーを借りたMさんとSくん、そしてTの一行は、一路市内中心部へと向かった。彼らの母校である大学は郊外にいくつかキャンパスが分散しているが、Mさんが通ったプールに隣接するキャンパスは、町中の雑然とした所にあった。商店やオフィスが入り組んで並ぶ狭い道路の真ん中を路面電車が行き交い、更に窮屈さを強調していた。

市内に入った所で、Sくんがもう一人、一緒に見て回りたいと云っている男がいる、と初めてMさんに云った。それを拒否する理由も何もなく受け入れたのだが、ただ、誰だろうかという疑問は残ったが、敢えてその時は聞こうとしなかった。大学時代に関わった人物なのだろうが、その意図していることは見当が付き、そういう思惑を抱いている人間が顔見知りにいるとは思えなかった。だからおそらく、尋ねても覚えてないのは間違いない。

そんな一人だろうと、Mさんは余り詮索することもせず、素直にSくんに従った。だが、ハンドルを握るSくんが走らせる路は私道を外れてさらに狭くなり、やがては住宅街に入っていった。そして、そこに現れた光景は、どこかで見覚えのある風景だった。ずいぶんと様変わりはしているが、道幅や曲がり角は変わってはいない。いくつもの思い出が、通りのそこここにかくていていて、Mさんの記憶を呼び覚ます。

それが、Mさんが学生時代に住んでいたアパートの近くだということは、すぐにわかった。あの、先輩と部屋でセックスしている最中にタケシが乱入してきて、なんとか逃げ出したあとにセックスした公園を見つけて、それは確信に変わったのだ。そのことをちゃんと確かめようとする前にSくんが、懐かしいでしょ?と彼女に声をかけたのだった。それは思いがけない場所であり、またMさんの何かを呼び覚ますことになるに違いない、とMさんは思ったのだった。





守口香織 水着 岡崎咲奈








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する