FC2ブログ

Left Alone

2015.06.13.Sat.13:42

面一杯にMさんの股間が映し出され、そこに重なり合った二本の縄が食い込んでいる詳細が見て取れた。縄を包むようにはみ出した肉ビラが、うっすらと濡れているようにも見える。やがて画面が再び引かれると、Mさんの背後でOがなにやらこそこそと動いていた。彼の手はMさんの尻の方にあるミニスカートのファスナーを下ろしていた。彼女が手を取られて裾から離れると、スカートは足下へとするすると落ちていった。

Mさんの手を取ったOはそのまま後ろ手で手のひらを重ねるようにして縛ってしまった。縛った手をまた胸に巻かれた縄が十時に交わる部分にくくりつけられた。しっかりと縄で拘束されたMさんを、Oはくるりとその場で一回転させた。縄が食い込んだ白い肌が、やけに映えていて、それはきっと自然光に照らされていたから強調されているようだ。

そのまま履かれたスポーツシューズが足下にやけに重たく感じられたが、そこだけしか肌を隠すことを許されていない、ということが酷く欲情を煽って見えた。そのことを一番よく知っているMさんは、もじもじと膝の内側をすりあわせるようにしていた。だが、その足を一歩前に踏み出すように、Oが促す。彼の手には、後ろ手で縛った縄が握られている。余った縄を伸ばしてOはそれを握っていて、まさに奴隷をつなぐ縄のようだ。

押し出されるようにしてMさんは一歩前に出た。そのままさらに彼女は歩かされる。屋外であることにMさんは困惑の表情を浮かべるが、素直に従って歩き始めた。Kの構えるカメラはその様子をずっと追っていく。小走りで最初いた場所から、後ろへと下がっていく。Oに押し出されたMさんがクルマから離れて轍の残るあぜ道に出ると、周囲に人の目がないことが不思議なくらい、そこはありふれた風景の中にあった。





緊縛 Yamidas リベンジポルノ







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する