FC2ブログ

Miracles

2015.06.04.Thu.09:04

起を捕まれた男は、そのままMさんの手に引っ張られて彼女ににじり寄るような格好になった。目の前に勃起を見るや、Mさんはその先端に唇を寄せ、あっという間に口の中に入れた。オオッというどよめきが巻き起こり、男達はさらにMさんへの距離を縮めた。あの頃果たせなかった壁を、今乗り越えた瞬間に、彼らの爆発寸前の欲情は一気に膨張した。

男達はそれぞれ、物欲しそうに勃起をMさんの肌に近づけ、アピールするように扱きを強めた。その内の一本を、Mさんは片手に取り、もう片方にも勃起を握って、男達の代わりに扱きを続けた。あぶれた男も、それぞれが彼女の肌に勃起の先端を擦りつけ、にじみ出した我慢汁をなすりつけた。最も触れて欲しい男の象徴が、今まさにMさんを蹂躙しにかかっているというだけで、男達は胸を熱くしていた。

その中心で、Sくんは再び上半身を起こすと、今度は早急なピストンを始めた。一気に上り詰めようという動きに、Mさんはそれを煽るように一層深く勃起を飲み込み、扱きのスピードを速めた。Sくんが先導する形で、乱交は一つのリズムを打っていきなり走り始めた。

先にイカせてもらうよ、と半分喘ぎながらSくんがそう漏らすと、Mさんを中心にした淫靡な緊張が瞬く間に高まった。とその刹那、Sくんは勃起を引き抜き、Mさんの陰毛の上を滑るように腰を前に突き出した。それと同時に、勃起の先端から、一筋の白い航跡が放たれた。それは勢いを着けて腹の上を飛び越えて、二つの縄に挟まれた乳房の先端まで届いた。それを見届ける間もなく、続けざまに精は降り注がれていった。





波多野結衣 久本真菜中出し動画 千葉さな子







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する