FC2ブログ

Pretty Tied Up

2015.05.09.Sat.06:23

天風呂での一件が、Mさんの中で確信に変わったのだけれど、大学時代の再現を、皆が望んでいることは薄々感じてはいた。状況が素直にその結論に導いていっていることは、誰の目にも明らかだった。先輩がSくんに変わり、皆歳をとって、あの場所に帰れないだけの話で、立場は何も変わっていないのだ。露天風呂はいわば、あの頃の自分たちをもう一度再確認する儀式のようなものだったのだ。

だから、重ねた年齢分の進化が、きっとあるだろうとは期待半分に思っていたが、それもちゃんとSくんは用意していた。ただそれは、Mさんが予想していたものとはいささか方向が別のゴールを向いていた。先輩に聞いたことがあるんですけど、と前置きして、Mさんは拘束されるのが嫌いじゃないって、と云いながら、傍らに置いていたバッグの中からロープのようなものをとりだした。

束になって巻いてあるそれは、真っ赤なそれなりに太さのある縄だった。材質まではよく分からないが、ホームセンターの荷造り資材のコーナーにありふれているものだが、その色が際だっていた。一目見て、よくあるSMのシーンをMさんは思い浮かべた。

経験はないわよ、とMさんはSくんの意図を汲んで云ったが、拒否はしなかった。事実、本格的に縄で縛られるようなことはなくても、ネクタイやタオルで腕を縛られたり、力で押さえつけられてつながりを求められることは経験していた。それはもちろん、先輩がMさんに試したことであり、おそらくは彼が初めてだった。嫌いではなかった、というより、どちらかというと、好んで男に拘束されるのを、Mさんは先輩の手ほどきにより知ったのだった。





なじみの女と緒まんこ無修正動画 なわ大勢の前でしおふきむしゅうせい動画 みなみりりか





日本最大級ライブチャット潜入盗撮


スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する