FC2ブログ

Heatseeker

2015.05.08.Fri.05:45

い覚まし、と他の男達に言い訳して、SくんはMさんを隣の部屋に連れ出した。実を云うと、それは男達との間で交わして於いた、秘密の合図なのだが、そのことをMさんは知るべくもなく、云われるがままにSくんに着いていった。実際に、充分に酔いが回っており、新鮮な空気にありつきたい気持ちはあったのだった。男達の言いしれぬ熱気から、多少の距離も欲しかった。

薄暗いままの部屋の、窓際の籐椅子に腰掛けて、隙間を空けた窓からの風に当たっていると、幾らかは正気を取り戻した。その向こうで、Sくんは一人、大きな鞄をごそごそとやっていた。Mさんはそれを横目で見ながら、冷たい天然水のペットボトルを、何度も口に運びやがては空にしてしまった。

空のボトルを手で弄んでいると、ようやくSくんがMさんの元に戻ってきた。向かい合って並べられていたもう一方の椅子に腰掛けると、同じように夜のとばりの降りた風景を眺めて、そしてMさんを見据えた。同じように風呂上がりに向かい合ったが、その時とはいささか緊張感が増していた。彼は一度口ごもったような素振りを見せて、意を決したように口を開く。

分かっていると思うけど、と律儀にSくんは今日の本当の目的を説明しようとしたのを、Mさんが笑い声で制した。そして、いいのよ、と一言云った。何も云わなくていいのよ、と続けて、私だって楽しみにしていたのだから、と何もかも承知の上でこの旅に参加したことを告げたのだった。





なじみの女と緒まんこ無修正動画 なわ大勢の前でしおふきむしゅうせい動画 みなみりりか







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する