FC2ブログ

So Fine

2015.05.07.Thu.02:54

食は別の大広間で、皆で鍋を囲んだ。その土地の特産である、海の幸がふんだんに使われた豪勢なもので、しかも食べきれないほどの量に圧倒された。アルコールに紛れてそれを堪能するのは、どこか申し訳ないような気がして、とにかく食べることに専念した。Mさん以外はみな男だったが、その口を持っても食べきれないほどの食卓に、皆が多少の驚きを持って堪能したのだった。

食欲を満たした一行は、夕食ではまかないきれなかったアルコールに浸るために、部屋に水割りのグラスやボトルを持ち込み、ビールをテーブルの上に並べて、そこで酒宴を始めることにした。夜が更けてくると、開けた窓からは波の音が風に紛れて流れてきていた。幾分昼間から比べて冷たさを含んだ気温が、浴衣姿には心地よかった。

離れのような奥まった部屋を宛われていて、多少騒ぎが度を超しても、それほど他に迷惑というものでもなさそうだったが、意外に酒宴は静かなもので、会話が続かないわけではなかったが、どこか思い出話に懐かしむばかりだった。大学時代に彼らとMさんとの間に、先輩を介さない面識はほとんどなかったから、昔話もどこかすれ違いが目立ってしまう。

それよりは、酔うことを自分たちに強いているというように、酒量だけが嵩を増していく。男達は、それでもあまり酔ったような雰囲気ではなかったが、元々アルコールの強くないMさんはたちまち、酔ってしまった。上気した頬がピンクに染まって、心地よくなってきたところで、彼女はSくんに隣の部屋に行くように誘われた。意外な気がしたが、強か酔った自分に一呼吸入れるためにも、素直にMさんは従ったのだった。





なじみの女と緒まんこ無修正動画 なわ大勢の前でしおふきむしゅうせい動画 みなみりりか







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する