FC2ブログ

Knockin' on Heaven's Door

2015.05.02.Sat.02:04

かしんでみるかい?と、Sくんがずいぶんと演技じみた口調で云いながら、露天風呂に出てきた。その言葉は、男達に言ったのか、Mさんに何かを促したのか、どちらにも落ち着かなかったが、同じように両者は受け取った。意味よりも、それがもたらす行動の方は明らかだったからだ。きっとその台詞は舞台を先に進めるためにあらかじめ用意されていたものだろう。

そのことを象徴するように、SくんはMさんの隣に当たり前のように腰掛けた。汗がうっすらと浮かび、それを夕日が照らしている肌に手を触れると、腰を抱いてすっと身体を密着させた。そのことの感慨を噛みしめる間もなく、Mさんは唇を奪われた。強く吸われて、唇の隙間から下が入り込んできたのに驚くと同時に、乳房を捕まれた。その瞬間に、Mさんは見えない淫靡な罠に捕らわれてしまう。

その感慨をかみしめる間もなくSくんの手で、Mさんはたちまち淫らな興奮の中に追い込まれてしまった。躊躇や驚きは未だわだかまっていたが、それを消化する暇も与えずに、Sくんの手はMさんの肌の上を縦横無尽にまさぐり這った。Sくんと肌を合わせるのは、もう何年ぶりだったか忘れてしまったが、それを数える思考は軽く吹き飛ばされ、Mさんは翻弄され始めていたのだ。

それでも、一度その状況に陥ってしまえば、MさんはいつものMさんだった。記憶の中にあるSくんの感触が、今とどれほど違うのかを、知らず知らずのうちに皮膚感覚が見比べていた。淫らなスイッチが入ると、セックスに特化した記憶もふたを開けて、Mさん自身があの頃を懐かしむような心持ちになっていた。それに身を任せれば、めくるめく快感の時が来ることを、やはりMさんは感覚的に身につけていたのだった。





リベンジポルノ 橘高香純 元祖猛獣セックス動画





Swimming Shop 競泳水着試着盗撮



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する