FC2ブログ

Get in the Ring

2015.04.30.Thu.09:29

されて、Mさんは立ち上がり、湯船からいったん出ると、歩いて外に出た。Sくんはそのまま湯船に止まり、その後ろ姿を目で追っていた。ひょたん型の浴槽の、くびれたところには大きな岩のようなオブジェが立ちふさがっていて、その向こうはひときわ広くなっていた。そこの縁にずらりと男達は並んで、Mさんが来るのを待っていた。

オブジェのたもとにも、狭い縁取りがしてあって、ちょうど人が一人腰掛けるような高さになっていた。Mさんは一度オブジェのこちら側の、狭い湯船に降りると、そこからオブジェ伝いに男達の方に近づいた。浴槽はそれほど深くなく、膝の少し上ぐらいまでしか湯面が届かない。そこをゆっくりとMさんは移動する。

一度オブジェの陰から顔を出すと、さっきのTと呼ばれている男が手招きした。皆緊張していたが、揃ってぎごちない笑顔を浮かべていた。それが、今ある緊張を出来るだけ和らげようと、特にMさんに向けられている。それを分かっているMさんは、あまり躊躇を見せるわけには行かなかった。

ついに男達の前に全身を曝すと、さすがに先ほど以上の緊張にMさんは汗を拭きだした。ひょうたん型の露天風呂は、向こう側が広いと云っても内風呂に比べれば、男達との距離はぐっと近くなる。その前に、Mさんは裸体を晒して、隠すものがない。うつむいて頬を紅潮させながら、オブジェのたもとにMさんは腰を下ろした。そこへ傾いた夕日がまるでスポットトライとのように、Mさんを浮かび上がらせたのだった。





リベンジポルノ 橘高香純 元祖猛獣セックス動画





AV女優 音羽レオン スマホ用 無修正動画 巨乳 Fカップ



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する