FC2ブログ

Right Next Door to hell

2015.04.21.Tue.22:07
 

のそばに連なる小高い丘の中に、いくつかの旅館が集まっていて、そこからは長い砂浜が見えていた。景勝地として古くから観光スポットになっていて、人通りは多い。観光客を相手にしたホテルはそちらの方に集中していて、Mさんが泊まった方はどちらかというと旧来からある場所で、多少鄙びた印象が強かった。

俯瞰で観光地やそこに集う人々を眺めるような立地は、どこか喧噪とはかけ離れていたが、その割に景色は良かった。初老の女将はMさんに、砂浜を愛でるにはこの場所が一番なんですよ、と云って、旅館からほど近い、あまり知られていない展望台に行くことを勧めた。旅館の庭園から裏道が通じていて、そこから丘を登ることも出来たし、海岸へ降りることも出来るのだと、女将は丁寧に説明した。

到着した時間には、未だ陽が高く夕食までにも時間があった。風呂に浸かってゆっくりする前に、皆を誘ってその展望台に行ってみよう、ということになった。皆で連れ立ってぶらぶらと歩いたが、五分とかからない散歩道だった。展望台について、やっとそこで他の五人の人となりにMさんは触れることが出来た。

一度や二度は逢ったはずだが、それも遠い昔のことで、面影すらもMさんの頭の中にはなかった。それだけに新鮮な気持ちで、彼らに接するのだが、彼らの方はそれとは全く逆の思惑を抱いているようだった。久しぶりにあえて光栄です、と云うようなことをしきりに云って、彼らのテンションはやけに高かったのだ。その理由をあれこれとMさんは予想したが、決定打となる者にはたどり着けなかった。





河村瞳 無修正中出し 観客席








スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する