FC2ブログ

Will Be King

2015.04.14.Tue.22:59
 

庭用ビデオカメラで撮られたその映像は、そこにMさんが映っていて、登場人物のほとんどが裸であるという以外、ありふれた個人撮影物だった。DVDに焼かれているのは、その一部の縄拘束の部分で、同じ物が例のネットのVIPルームにもあがっている。緊縛部分も含めて、完全なものはDVDには容量が間に合わないほど長い。

元の映像は約一日、Mさんと行動を共にした男達の記録だったのだが、もっとも扇情的である場面を切り取った、という感じなのだろう。それでも編集らしき物はあまり見られず、記録可能な領域ギリギリに詰め込んだような感触の映像だった。それをMさんに渡したのは、ある意味旅行記を共有するような牧歌的な行為かもしれなかった。

Mさん自身は、それを見たOには、撮影された詳細を多くは語らずに、そういう友達もいるのよ、というぐらいで留めていた。そうすると、実は映像に残されたセリフのほとんど、そもそものシチュエーションは全く見当が付かない。Oには扇情的なMさんの姿だけで満足だったのだろうが、映像にはもっと深い「ワケ」が隠されていたのだ。

その訳とは、いわばMさんが今に至る淫蕩な人生を歩むきっかけと繋がってくる。大学時代、Mさんに性の手解きをし、彼女の中に潜んでいた淫乱の目を開花させた、あの先輩の存在が横たわっていたのだ。彼がこの世を去ってからも、結局の所、Mさんにとってはずっと付きまとうように忘れられない、業のような存在だった。





藤原みわ 松本コンチータ 梅宮なお








スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する