FC2ブログ

I Looked Away

2013.11.01.Fri.04:13

楽の元に繋がった三人ではあったが、それぞれがそれぞれの事情というものを抱えていたので、その関係自体に必要以上に拘泥することはあまりなかった。OKには家庭があってそちらを優先していたし、Mさんにも私という存在と両親と同居という現実があった。もっとも、Mさんには私の存在というのは何処かでおざなりではあったのだろうが。

時にはMさんに纏わるオプション、特に私の存在と、そしてMさん自身が与えてくれる絶妙な感触が、O達を駆り立てることはあったが、がっつくほどの年齢でもなく、何処か冷静に現実を見据えていた。

特にその頃、Kの方は仕事の面で大きな変動があり、それほどMさんとの逢瀬に時間を割くことが難しくはなっていた。MさんがKにあわせることが可能な時がなかなか重ならなかったのだ。一方のOの方は、その辺は融通を利かせる術を知っていて、巧みに時間を作ってはMさんとのデートを愉しんでいた。

自然と三人でのプレイには限界ができ、もっぱらMさんはOと身体を重ねることが多くなっていた。O自身、浮気に関しては手慣れたもので、上手にバレないように時間を作っては、Mさんを相手にえられるプレイに没頭していた。当時、他に何人かのセフレはいたようだが、時間や回数に置いては、Mさんがもっとも頻繁だったようだ。





直木亜弓 リンクタウン西野中野山








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する