FC2ブログ

Run of the Mill

2015.03.06.Fri.09:24
 

会の待ち合わせ場所も、入ったホテルも初めて逢った時と同じだったが、二度目の逢瀬はまどろっこしい前置きが無い分、ストレートに肉欲へと行動は限定された。ただ、唯一違っていたのは、毒キノコが思いの外、タフであったことだった。

この間はずいぶんと溜まっていたのね、とMさんが漏らすほど、二度目のセックスは濃厚でじっくりと時間をかけていた。それに見合うタフさを毒キノコは持ち合わせていて、これが本来の俺の実力さ、と言って笑った。完全に勃起したまま、Mさんに絡みついてくる様子から、Mさんはその言葉が本当であると確信していた。

当然挿入されると、毒キノコは情けない様子を見せたが、それでも前回よりはずっと長持ちしてMさんを喜ばせた。Mさん自身もやっと、その威容の本来の味を堪能したような気分になり、快楽とは別の満足にありついた気がした。勝敗を競い合うようなセックスは、結果Mさんを快楽の極みへと追いやって常に嬉しい敗北を強い続けた。充足感という意味では、本当に久しぶりの心地よく満たされたのだった。

激しい交わりの後、再びMさんの腹の上に降りかかった大量の精液を洗うために、二人してバスルームに入った時に、毒キノコは意外な言葉を口にした。それはMさんが薄々感づいていた雰囲気を伴っていて、予想の範疇に入っていた言葉だったが、ただそれに対する返答を求められても、すぐには決断できるものでもなかった。





松本コンチータ 西谷真由美 緊縛シネマ画像








スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する