FC2ブログ

Hold on to Love

2015.02.06.Fri.01:02
 

しぶりのオマンコがこれって云うのは、ラッキーなのかどうなのか、そう言いながら、痩せ男は半分上半身を起こした。枕にひじを突き、見下ろすように上下するMさんの腰つきを眺めた。上下する度に、Mさんから溢れた歓喜の粘液にまみれる勃起の赤黒い肌が見えた。

何度かくる射精の予感をやり過ごしながら、やっとその感触に馴れた痩せ男は、再びMさんの腰に手を回した。上下する彼女の腰をやり過ごしながら、タイミングを合わせてひとつ、腰を突き出した。その瞬間、まるではじき飛ばされるようにMさんからだが浮いたかと思うと、小さな悲鳴とともに、前に倒れた。

大きなハートマークを逆さまにしたような尻がこちらを向いて、やっとその動きが止まると、続けざまに、二度、三度と痩せ男は逆襲を重ねた。先ほどまでのうねり腰は完全に止まり、受け身に回っている。そうしている内に、痩せ男は突き上げにリズムをつけて、徐々にそのペースをあげていった。

グラインドが逸ってくると、痩せ男は体を起こして、Mさんの背中に覆い被さった。そして腰に手を巻き付けて、半ば引き込むようにして彼女の体を再び起こした。背中を痩せ男に預けるような格好になると、その中心に、ズンズンという音を立てるかのように、突き上げが再開された。





元祖リベンジ・ポルノ もりすむ morisoon datsuzaru 香川の肉便器 [写真集][IV] 真紀(20070705-202906)のアルバム







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する