FC2ブログ

Teenage Idol

2015.02.04.Wed.19:20
 

板の上を滑ってへそを通り過ぎたところで、Mさんは体勢を立て直すように足の位置を変えて、しっかりと膝建ちになった。そして腰を浮かせて、勃起の上に滞空する。すると、勃起を支えていた痩せ男の手がそこを離れて、Mさんの妃裂に触れた。そのまま両手で左右に割り開いたのと同時に、またやんわりした感触でクリトリスに触れた。

勃起したまま倒れたそれを、今度はMさんの手が支えた。挿れる方と、挿れられる方の立場が逆転しても、お互いの生殖器が、繋がることを求めているのに代わりはなかった。あとは息を合わせて体を近づけていけば、もう遮るものは何もなかった。

腰を落とす寸前、Mさんは目の前のソファに座る毒キノコを見やった。トランクスの前が脹らんでいるのが解った。その薄い布に浮かんだ形状で、それなりに立派なものが備わっていることが解った。そこを、毒キノコはやんわりと撫でていた。

見せつけるつもりはなかったが、逆に見られていることに、Mさんは久しぶりに胸がきゅんとなる感覚を味わった。痴態を晒すのは、いつも切ない羞恥に彩られた快感をわき起こす。それが我を忘れさせることを、彼女は思いだした。Mさんは腰を落として、勃起の先端からゆっくりと、オチンチンを飲み込んでいった。





神谷成美 宮沢セイラ 大友美里







スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する