FC2ブログ

Memory Pain

2015.01.11.Sun.13:00
 

粋にその毒キノコというフレーズに興味がある、ということもあったが、手っ取り早くセックスをしたかった、という方がMさんの方には強かった。マスターの店のまんじりともしない時間が、その思いをいささか強調してしまっていた、というのもあった。

Mさんしてみれば、私と別れても、前の自分に戻った、という感覚しかなく、どちらかというとそっちの方が本来の自分だという思いが強かった。しかし、気が付いてみると、私と付き合っている期間に、満足したセックス、と云うモノにありつけていたかどうかは疑問で、制約のようなモノに辟易していたのだ。

それを解消する一歩を踏み出した割には、出足がなかなか重かった。それが打破出来た安堵感に、ホテルに入ったMさんは、どこかホッとしていた。その思いが確実になるように、なんでもイイから早く、男のオチンチンを突き刺してエクスタシーの波に飲まれたかったのだ。

加えて、私と別れるごたごたで、ちょうどその日で一ヶ月、ご無沙汰だったのだ。そんな時間は、Mさんにはめずらしく、セックスのない期間が一ヶ月、というのは彼女にとっては長期間だったのだ。身体が疼くという感覚を、久し振りに味わっていたMさんは、ホテルに入っても、男達の思うがままに任せた。





electric banana 巨乳相撲 怒っ







スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者にだけ表示を許可する