FC2ブログ

Tell Me Woman

2015.01.10.Sat.11:07
 

題は冗談めかしていたが、どこかにお互い納得ずく、という共通認識があって、空気を削ぐような会話や仕草は、どこか敬遠する雰囲気が漂っていた。ハッキリと、お互いにセックスを口にしたわけではないが、半ば、それは了解済みでお互い知り合った、というような既成事実を、少なくとも男達の方はしっかりと持っていた。

何処までも恥じらいの中に飲み込まれて、流れに任せるんがMさんの常套手段だったが、今はそれが男達を白けさせてしまうような、そんな予感に苛まれていた。恥じらいが美しく見えるような年齢でもないな、とMさんは自虐的に思うのだった。

それって形が変わっているって事?と返事をしたところで、もう完全に三人のペースはセックスに傾いていた。後はトントン拍子で、実際に見てみよう、という話になり、店を出ることになった。ラブホテルがすぐ近くにあることは、三人とも承知の上で、誰も異論は唱えなかった。

手慣れた様子でホテルに入って、イレギュラーな人数の追加料金を、隅のカウンターで支払っているのを見て、Mさんはまんまと乗せられた、というのに気が付いた。おそらく二人は同じような調子で女の子をナンパして、ここに連れ込んでいるのだろう、と簡単に予想ができた。そこに嵌った自分を多少は情けなくは思ったが、そう思わせない仕掛けを用意している男達の狡猾さに、彼女はあっさりと降参したのだった。





electric banana 巨乳相撲 怒っ








スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者にだけ表示を許可する