FC2ブログ

Holding On

2014.11.07.Fri.02:59
 

粒程に先程の海岸で戯れる家族連れ達が見えていたが、死角と云うよりも、もう別の場所といった方がいいぐらい離れていた。カメラがかなりのズームアップをして場所の繋がりを示してみたが、それでも人の輪郭が精一杯だったし、多少高いところに位置しているようだった。

遊歩道というよりは、歩いた跡が道になった、というような細道を歩いてそこに辿り着くと、もうそこは昨夜の別荘のリビングと変わりなかった。岩が周囲をまばらに取り囲んでいたが、どれもが壁のようになっている。まさしく、そこだけがステージのように開けている砂地の空間があったが、男達が取り囲むと、多少は狭苦しく感じた。

ひときわ大きな岩を背に、Mさんとひとりの男が立つと、なんの前触れもなく抱き合い、口づけを交わした。先程はあくまでも余興で、ここからが一番の目的だとでも言いたげだった。男は口づけをしながら、Mさんの身体に手を回す。そして、パーカーのファスナーを大胆に下ろす。

あっという間にMさんの上半身が晒されるが、もうさっきのように隠すようなこともなく、そのまま強い日射しの元に露わにした。男は乳房に吸い付きながら、手を下腹部に押し当てる。先程Mさんがしたように、股布の部分に手を差し入れて、やはり同じように横にずらせて開帳して見せた。





ストリッパー ケーブルネットワーク西瀬戸 アナウンサー





素人若妻エロ動画



スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する