FC2ブログ

Enough of the Blues

2014.11.03.Mon.00:02
  

の変哲もないグレーのタオル地のパーカーだったが、Mさんの肩に掛けられるとそれは、重要な秘密のベールになった。裾丈がちょうど、Mさんが座る砂地まで届いていて、膝を抱えるように座るMさんには、胸元から下腹部までがパーカーの内側に隠れていた。

それは当然男達の興味と好奇心を煽った。今までMさんを周囲の視線から隠すように取り巻いていた男達は、ごく自然な振る舞いを装って、特等席を確保しようと動き出した。両脇を固める二人と、パーカーを掛けた張本人の男が背後に立つ以外は、皆Mさんの正面へと移った。

だからといって目をランランとさせて覗き込むのは、いかにもといった風情で周囲の疑念を呼びそうだった。だから、勤めて自然な素振りを心がけて、好奇心だけをMさんの胸元に注ぎ込んだのだ。その心遣いというより涙ぐましい努力も、Mさんには自分が大胆になることへの布石に思えた。

先程男にされたように、今度は自分がビキニトップの下端を持って、静かに上へとずり上げた。はじき出るように、豊満な乳房が飛び出てきた。太陽はMさんの頭上から注いでいて、パーカーの影の中に乳房の形状だけがスポットライトに照らされたように、くっきりと輪郭を浮かび上がらせた。





無修正映像素人主婦初めての縄縛りとアナル体験 無修正神崎亜子 無修正若妻エクスタシー顔







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する