FC2ブログ

Please Send Me Someone to Love

2014.09.29.Mon.01:40
 

足した表情を浮かべて、ベッドで寝そべるMさんをじっくりと眺めた後で、場面は切り替わった。映し出されたのは、晴天の太陽を浴びたウッドデッキで、そこに物憂げな顔つきで椅子に座るMさんの姿だった。彼女は、深く腰を椅子に落として、何処を見るともなく、庭に張り出した屋根付きのデッキのむこうを見やっていた。

そこへひとりの男が現れてMさんに近づく。昨夜の場面ではMさんに熱心なフェラチオを受けていた男だった。そういえば、あの場面ではいつの間にか姿を消して、他の二人ばかりがMさんの中に精を注ぎ込んでいたのだった。決められた役割なのだろうが、思えば最初に勃起を嬲られたキャラクターだったのだが。

たどたどしい台詞回しで、ふたりの状況が説明されて、一応これがシナリオに反って進む裏ビデオだということを思い出した。Mさんの映る映像の多くは、プライヴェートなモノが多く、つい、それと混同しがちになるが、これはれっきとした作品なのだ。

そこで語られたのは、Mさん以外の男達はもう海に出ているのだが、なかなか顔を見せない彼女を呼びに、その男が使いっ走りをやらされた、ということだ。彼女は、寝起きが悪いから、とか何とか適当な理由を付けてなかなか動こうとはしないのだが、それに潜む思惑があるのは明らかだった。





高橋みなみ三角木馬責め hなママ友無修正2穴はめどり かみやともちくびはり







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する