FC2ブログ

ひぐらし

2014.09.14.Sun.13:00
 

め決められていたことなのかもしれないが、見ている者にそうとは感じさせないくらいの自然な導きで、ふたりはシックスナインの体勢になった。Mさんが上になり、お互いの頭を互い違いにして重なり合う。それぞれの顔の前には、それぞれの性器が無防備な姿をさらしている。

その体勢になるのに、Mさんはずいぶんともどかしそうに動き、どちらかというとマスターに強引にそういう体勢を取らされた、という感が強かったのだが、いざ体制が整うと、真っ先にそそり立つ逸物に食らいついた。根本を支えて上を向かせると、彼女の顔が隠れるほど長大で、それにMさんは唇を押しつけたのだ。

フェラチオを始めたMさんの目の前には、監督の構えるカメラがあり、Mさんはそのレンズを時々見ながら、逸物をしゃぶって見せた。結果としてそれは、画面を見ている者と視線が絡むことになり、つい、その表情に何かを感じてしまう。そのほとんどが、彼女の欲情ぶりに感嘆することになる。

その表情が、時々目を細めて彷徨うのは、きっとその瞬間にマスターの唇が下腹部の敏感な部分に触れるからだろう。逸物を口に含んでいる時などは、くぐもった喘ぎが鼻から抜けるように、艶めかしい響きを辺りにまき散らす。それに煽られるように、波が一度引きかけると、また熱心に逸物を唇愛撫するのだった。





av猛獣sex yamidas 性処理道具マキ





素人若妻エロ動画


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する