FC2ブログ

afterglow

2014.09.07.Sun.08:02
 

来、Mさんはクンニリングスを施されるのは得意ではなかった、と少なくとも私にはそう言っていたし、例えばネットに上がっている動画の中でもそういった仕草や言葉も見られた。だがそれも、Mさんのアナルと一緒で、相手によるようだ。

Mさんはマスターの舌が、ベロベロとその蜜の溢れ出る入り口を舐め回し始めると、自ら掲げられた足に手を添えてバランスを取った。それは半ば、マスターの行動を自由にさせるように、自ら身体を開いたのと同じだった。マスターは、肉の合わせ目の鶏冠のような部分を、自由になった手で左右に拡げると、その中心に唇を押し当てて盛大な音を発てて啜った。

それに呼応するようにMさんの体が震え、それは自然とマスターの口へと下腹部を押しつけるような動作に繋がった。するとまた、マスターの啜り上げる音が大きく響き、その度にMさんは身体を跳ねるように反応させた。

やがて、マスターは顔を振ってオマンコ全体を愛撫し始めた。そうやって辿り着いたのは、ぽつりと勃起した敏感な突起だった。Mさんの最も卑猥な欲望の中心であるクリトリスを、マスターの唇が甘咬みすると、たちまちMさんは身体を硬直させて、艶めかしい悲鳴を上げたのだった。





中西悠理 矢野みなみ 高橋圭子







スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者にだけ表示を許可する